TOTAL:1010, TODAY:157

2007年6月30日(土)

久しぶりの日記の更新です。最近、仕事が忙しいせいか、帰ってきた後、ボーっとTVを見ることが多く、ホームページ作成があまり進みません。まあ、少し飽きてきたという感もありますが。。。玄箱も当初は、設定することが多く、楽しくやっていたのですが、インストールしたいものもなくなってきました。このホームページを作る前は、よくTSUTAYAでビデオを借りて見ることが多かったのですが、最近はほとんど行ってません。そのため、無性に映画が見たくなってきました。わたし的には、今ならパイレーツオブカリビアンかダイハードです。ダイハードの1と2は映画館で見た記憶があり、あの当時(10年以上前ですね)ぐらいから、「やさしい男」よりも「強い男」が流行っていたような気がします。私の映画の趣味としても、「強い男」、「強い女」が好きですね。エイリアンも好きなので、なんせ「強い奴」が好きなのかもしれません。

2007年6月27日(水)

最近、OpenGLでのキューブ環境テクスチャの扱いにハマっています。ちょっと自信がありませんが、素直にテクスチャを置くと、右図のように、天地が逆転することに気付きました。私が単に勘違いしているのかな?と思い、OpenGL1.3(キューブマップはv1.3から導入されました)の仕様書を見直しましたが、OpenGLでは天地(上下)だけでなく、左右も反転させたテクスチャを用意する必要があるみたいです。NVIDIA SDK9.5に付属しているOpenGL用のキューブテクスチャもそうなっていたので、恐らく間違っていないと思います。なぜこうなるんだろうと考えていたのですが、なんとなく分かってきました。どうやらDirect3Dの座標系(3D座標が左手座標系でテクスチャ原点が左上)をベースにした数式を、そのままOpenGLの座標系(3D座標が右手座標系でテクスチャ原点が左下)に持っていくと、テクスチャを上下左右反転させなければならないことに気付きました。ここからは完全に想像ですが、Windows全盛の時代(今でも全盛ですが、Linuxの知名度が低かった頃)、OpenGLの仕様は拡張されず、マイクロソフトさんがDirect3Dを一生懸命拡張してました。その頃、キューブマッピングがハードウェアで実装されるようになり、OpenGLよりも先にDirect3Dで仕様化されたからだはないかと思います。仕様の世界では当たり前でしょうが、やはり先に決めた方が主導権を握れるものなのですね。また、OpenGLの方が先に生まれたのにDirect3Dに先行されているのを見ると、盛者必衰、「驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し」のような悲哀を感じます。

2007年6月25日(月)

キューブ環境マッピングを使用したサンプルプログラムを作ろうと思い、「マッピングテクスチャがどこかに落ちてないかな?」と探していたら、Terragenという景観作成ソフトを見つけました。かなり有名なフリーソフト(但し、商用利用でない場合のみフリー)のようで、今まで知らなかったのが恥ずかしいぐらいです。初めて使う人でも、右のような3D風景を5分ぐらいで作成可能です。まもなくv2.0も正式リリースされるようで素晴らしいです。もともとの目的であった、キューブ環境マッピングデータを簡単に作れることを確認したので、今度紹介しようと思います。これを見つける前に、Bryceという景観作成ソフト(v5.5がフリーで入手可能)も試しました。こちらは使い方がよくないのか、うまく環境マッピングデータを作成することができませんでした。いずれにしろ、こんなソフトがフリーになる時代ですので、ソフトだけで飯を喰うのは大変です。

2007年6月22日(金)

ホームページを作るようになり、大きなディスプレイが欲しくなってきました。ネットで調べたら22inchタイプで39,800円ぐらいのものがDELLやIO-DATAから発売されており、ボーナスで買いたくなりました。やはりブラウザが横に2ページ表示できるのは魅力的です。現在、使用しているものはTexas Instruments製のディスプレイで、10年ぐらい使用しています。17inchのブラウン管タイプで、当時のPCとしては普通ぐらいの大きさだったと思います。このディスプレイを買ったときはWindowsではなく、Macを使用していました。当時は、もちろんMac派でした。名前はPowerMaintoshで、たしかCPUはPowerPC601か603ぐらいであり、今の玄箱と同程度の性能だったと思います。当時は、仕事でもPowerPCの上でソフトを作る必要があり、PowerPCには愛着があります。白箱ではなく、玄箱を購入した理由の一つもPowerPCだったからです。そういう意味でこの古くさいディスプレイにも少し愛着が沸いてきました。色が少し黄色くなってきているのも(当時はきっと白かったはず)、まあ趣があると言えば、ありますからね。

2007年6月19日(火)

念願の掲示板に書き込み(ほとんどパワハラですが、結果重視ですからね)があり、やる気がでてきたので、調子に乗って日記も書くことにしました。WebdruidというApacheのログを解析するツールを導入してから、ほぼ毎日どんなページにアクセスが多いのかを見ているのですが、自分の予想通りにはならないですね。この話題は参考にしてくれる人が多いはずと気合を入れたページでもあまりアクセスがなかったり、その反対もあります。月別に見ると、アクセス数は確実に増えているので嬉しい限りですが、一番の人気ページが「DAIRY」のページになっているのも、「なんだかねー。」と笑うしかありません。やっぱり一方通行の日記よりも、ブログですね。その方がずっと面白いような気がしてきました。

2007年6月16日(土)

昨日の夜、とてもお世話になった方の送別会がありました。職場の多くの人がお世話になったので、遅くまで付き合った方がたくさんいました。まあ、本人は最後のカラオケは半分寝てましたし、通称「核爆弾」と呼ばれている方は2次会からずーっと意識を失っており、いつ爆発してもおかしくない状態でした。結局、朝の4時半ぐらいまで飲んでいたので、タクシーで帰りたかったのですが、月曜日もタクシーだったので、我慢することにしました。始発まで40分ぐらい時間があり、駅の近くの定食屋で朝ご飯を食べて、電車で帰りました。始発電車に乗ったのは、おそらく10年ぶりぐらいではないかと思います。ご飯を食べた後ですし、当然座ることができたので、かなり眠かったです。先日、購入したNewtonを持っていたので、眠気覚ましに読んでいたのですが、余計眠くなりました。絶対ヤバいと思ったのですが、奇跡的に目覚めることができて、行き過ぎることなく、普通に帰れました。「早起きは三文の得」と言いますが、家までの道はとても涼しく気持ちよかったです。

2007年6月13日(水)

今日は、10年ぐらい前にお世話になった先輩や同僚と飲みに行きました。最近は、職場の人と飲みに行くことが多かったので、とても新鮮で懐かしかったです。全員いい歳なのですが、10年前と何も変わっていないところが、また嬉しかったです。あ、一人だけかなり髭を生やして上から下まで綺麗に繋がっていたので、上下さかさまにしても顔になるように変貌していた人がいました。私は髭が濃いほうではないので、髭を生やす気にはなれないのですが、もし生やすことができたら、触ることが癖になって、ある意味幸せになれるのかとも思いました。よく考えたら、長い人生の中、いわゆる髭に触ったことがないことに気付きました。今度触ってみようかな?ただ他人の髭に触りたいとは思わないですけどね。

2007年6月11日(月)

数ヶ月前、近くの本屋さんが移転になり、どこにできるのだろうと思っていたら、よく出かけるホームセンターの近くでオープンしていたので、早速行ってみました。小さな本屋なので特に変わり栄えはなかったのですが、新しい店らしく小奇麗になっていました。別の本を買いに来たのですが、ふと雑誌を眺めていたら、今月号のNewtonが「光とは何か?」というタイトルで特集されていたので、思わず買ってしまいました。結局のところ、3DCGは光のシミュレーションであり、光の性質を知るのは、面白いサンプルができるのではと思ったからです。特に、虹やシャボン玉などがあのように見える理由が分かったような気になり、頑張ればGLSLで擬似的なものが書けそうな雰囲気でした。しかし、Newtonなのできちんとした数式が書かれているわけではなく、なんとなく分かったような雰囲気にさせる文章でした。そのため、いざコーディング段階になると、やっぱりよく分からんという結末になりそうな気もします。いずれにせよ、トリビアぐらいにはなると思いますが。。。。。。古(フル)!

2007年6月9日(土)

昨日は、会社の同僚(といってもかなり若い人たち)と飲みに行きました。なかなか掲示板に書いてくれる人がおらず、とても寂しい気持ちでしたので、パワハラではないですが、掲示板に投稿するよう強制していました。OpenGLや玄箱の話題よりも、やっぱり浮いた話の方が書きやすいようなので、ローカルな話題になってしまいますが、「暴露掲示板」や「恋の相談室」みたいな掲示板にした方が盛り上がって、多くの人が投稿してくれるのではないかと気付きました。誰も書かないようだと「ホンマにそうするでー。」と思う、今日この頃です。この日記自体も半分パワハラになりつつありますね。

2007年6月7日(木)

今日はかなり疲れたので早めに帰ってきました。こんな日は、OpenGLやPHPのプログラムを作成する気にはならないですね。ダラーっとしたい時には、インストールとかがいいような気がします。そう言えば、先日、Fedora7がリリースされていることを知り、理研のサイトからDVDのisoイメージをダウンロードしたことを思い出しました。機能はさておき、デスクトップ背景の気球が綺麗だったような気がします。Fedora5やFedora6は見やすくて割とかっこいい背景でした。やっぱりデスクトップ背景は見やすくてかっこいいのがいいですね。WindowsXPのデフォルトで入っている背景にはあまりいいのがなくて、結局2000時代の背景を使用しています。デスクトップ背景は、実用と綺麗さが求められるので、いい背景に出会うと長く使いたくなります。

2007年6月6日(水)

やっと掲示板ができました。もう少しテストしたかったのですが、仕事のメールを見たら、明日というか今日は朝早く出社する必要がありそうです。ということで寝ます。

2007年6月5日(火)

今日の夜10:00頃、このホームページを見たら、アクセスカウンタがTODAYもTOTALも91になっていました。原因はよく分かりませんが、カウンタ用のファイルが壊れたみたいです。一応、カウンタプログラムは自作ですが、カウンタファイルは、PHPのflock関数によりロックしています。ただ書き込み時はロックしているのですが、読み込み時はロックしておらず、これが原因かなと思いました。このアクセスカウンタを作成する際、ネットで調べると、書き込み時だけでいいようなことが書いてあったので、とりあえず書き込みだけにしていたのですが、読み込み中に、書き込まれると破壊されそうな気がします。ということで、はっきりしないのですが、読み込み時もロックするようにしました。現在、会社でしている開発も同じような処理(マルチスレッド)に頭を悩ませており、並列処理は面白いのですが、バグを取り去るのが大変です。頭では分かっていますし、これまでも経験していますけど、開発が終わると、すっかり忘れ、同じようにハマります。プログラマーの宿命ですね。ハード屋も同じかな。。。。

2007年6月3日(日)

昨日、久しぶりにBBQをしました。車で行きたくなるような場所だったのですが、やはり飲酒運転はよくないので、まじめに電車とバスで行きました。とりあえず、自宅の最寄駅から電車に乗り、BBQに一番近そうな駅で降りました。しかし、幹事さん指定のバス停を見つけることができません。違うバス会社の運転手さん、駅長さん、駐車場の親父さんの3人に聞いて、ようやくバス停を見つけることができました。やっと見つけたと思ったら、土曜日は1時間に1本の間隔で、「何じゃそりゃ!」と思いながら、時計を見ると50分待ちでした。さすがに50分は待てないので、BBQの案内を再度見ると、隣の駅からもバスが出ているようで、そちらは巡回バスが出ているみたいです。巡回バスなら間隔も短いと思い、また電車に乗り、隣の駅に行きました。今度は、すぐバス停が見つかったのですが、なんと30分に1本の間隔でした。「ざけんじゃないよー。」と思いながら、タクシーに乗るほどの甲斐性がある訳でなく、本屋で時間をつぶしてバスを待ちました。結局、そこから25分ぐらいバスに乗り、更に25分ぐらい歩いてようやくBBQの場所に着きました。「はあー、疲れた!」。1時間半以上の遅刻で、肉はほとんど残ってなく、BBQと言うより、ほとんど野外焼きそばでした。毎回、何も支度せず、食って飲んでるだけなので、文句は言えないんですけどね。

先月の日記

ホームページビルダーで編集していると、長いページがやたらと重いので、先月の日記はこちらに移しました。

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.