TOTAL:3480, TODAY:444

2007年9月30日(日)

先週、ようやくライントレースカーの回路図をBSch3Vで作成しました。回路図のような、いわゆる設計図を書いたのは初めてだと思います。回路自体の良し悪しは別として、かっこよく思えたので、印刷までしちゃいました。回路図を作成するのに参考にした本は、PICマイコンベースであったため、5Vの入出力が基本となっていました。そのため、モータICやMOSFETなど5Vベースになっています。雑誌Interfaceには、幾つかの入出力ポートは、5Vトレラント対応/Nチャンネル・オープン・ドレイン出力指定とあり、意味がよく分かっていなかったのですが、5VでもOKなんだなと思っていました。あまり自信が無かったので、本当に5V出力されるのかな?と思い、オープン・ドレイン出力指定にして、テスターで電圧を測ってみたところ、5Vになっていません。指定方法を間違えたかな?と思いましたが、問題ないようです。あれれ?と思いながら、ネットで調べてみると、Nチャンネル・オープン・ドレインというのは、別途5Vの電源とプルアップ抵抗が必要なんですね。電源は5V確定としても、プルアップ抵抗は何Ωにすればいいのでしょうかね?ネットでは数KΩ~数百KΩとアバウトなことしか書いておらず、実際にやってみるしかないようです。

2007年9月24日(月)

昨日、京都市美術館に行ってきました。フィラデルフィア美術館展「印象派と20世紀の美術」が今日まで開催ということで、娘にせがまれて行きました。しかし、実際に入館したのは嫁と娘だけで、私は喫茶店で本を読んでいました。一年に一回ぐらい美術館に行っていますが、有名どころを土日に訪れるせいか混んでいることが多く、全然癒しにならないのですが、今回は喫茶店でサボっていたため、リラックスできました。毎年、これでいいかな。と思った次第です。最近は、美術館にある売店で「DVD10枚組み世界の美術館。10万円!」みたいなDVD-BOXがよく売られています。世界的に有名な美術館の作品がDVDで見れるようになっているみたいです。将来、より高画質なBDなんかで割りと安く手に入る時代になったら、大画面テレビでゆっくりと鑑賞してみたいです。大画面テレビもBDプレイヤーもまだ持ってないですが。。。。

2007年9月22日(土)

久しぶりに、OpenGLプログラムを更新しました。更新といっても、実はサンプルプログラムを一部変更しただけです。先日、NVIDIAドライバーを入れ替えたら、OpenGL2.1をサポートするようになっており、そのために、シェーダプログラムでワーニングが出たからです。今は、OpenGLよりも電子工作、というより疲れているのでTVやビデオを見たい気分であり、GLは少し休憩中です。ただ、以前から布モデルや画像処理をGLSLで試してみたいと思っているので、そのうち復活させるつもりです。先のことは分からないですけど。。。実際、当サイトを訪れている人の多くは、GLSL系の検索キーワードが多いようで、あまり裏切らないようにしたいと思っています。

2007年9月21日(金)

先ほど、BBSをチェックしたら、意味不明な書き込みがありましたので、削除しました。BBSを作る前は、ホームページを放置しておくと、エッチ系サイトのようになってしまうのではと心配していましたが、そんな心配をする必要もないほど、閑古鳥が鳴いている状態でした。エッチ系ではないですが、ようやく意味不明な書き込みがあり、変な話ですが、ちょっと嬉しいです。迷惑なものでも自分だけがそうならないのは寂しいと思うのはきっと人の常なんでしょう。まあ、どんな書き込みであろうと、知り合い以外からの初書き込みということでメデタイということにします。これが単なるバグだったり、ロボットだったりすると悲しいですが。。。。

2007年9月19日(水)

最近は、モータ制御をネットで勉強しています。ライントレースカーを作るにあたり、光センサーの方ばかり目がいき、モータ制御はモータドライバICさえあれば何とでもなると思っていました。しかし、PWMで速度制御をした方が滑らかに動くことに気付き、モータドライバIC(TA7291P)のPWM制御を調べ始めました。すると、TA7291PのPWM制御については、既に多くの方が試されており、特に驚いたのは、高専や大学などの実験教材や卒論?に結構登場してくることでした。私が大学に入ったばかりの頃は、産業用ロボットが話題になったような記憶があります。最近はやっぱり人型(2足歩行)ロボットでしょうか?もう少し安いと衝動買いしてしまいそうな雰囲気です。

2007年9月17日(月)

日記なのに2週間もお休みしてしまいました。ようやく仕事も一段落しそうなので、電子工作を再開しようと意気込んでいたのですが、頭の中にあった購買部品リストをすっかり忘れてしまったようです。回路図も作っていたのですが、それも途中でペンディングしていたので、電源やモーターに付ける抵抗やコンデンサーの容量とかも書いておらず、完全に忘れてしまいました。まあ、すぐに思い出すんでしょうけどね。とりあえず、サクサクと決めて、今日中に買い揃えたいと思っています。。。。。
ということで、日記の前半を書いた後、早速買ってきました。残念なのは、前回の日記でも書いたように、かなり調べて決めていた3端子レギュレータTA4805S(東芝製)が無かったことです。店員さんに聞いたら、LM2940T-5.0というナショナルセミコンダクターの3端子レギュレータを薦められたので、とりあえず1個買いました。その後、別の店でも探したのですが、その店にはTA4805Sの棚はあるけど、売り切れでした。その棚の下に、よく似たTA78DM05S(東芝製)があり、TA4805Sとの違いは、最大出力電流が半分なことぐらいで、0.5Aなら十分のように思えたので、とりあえず1個買いました。家に帰ってから、データシートを調べると、両方ともTA4805Sとよく似たような特性で、一番気にしていた最大許容損出もTA4805Sとほぼ同じでよさげな感じです。何はともあれ、とりあえず回路図を完成させたいと思います。

2007年9月3日(月)

最近、日記ではなくウィークリーレポートになってきましたが、今月も頑張って書いていこうと思います。チョロQが終わったので、ライントレーサーの製作に入りました。製作に入ったといっても、半田付けをしているのではなく、回路を設計しています。ここ数週間ぐらい、通勤中にアナログICやセンサー、ライントレーサー製作の本を読んでいたので、一度回路図を作ってみたいと思いました。既に部品は9割方購入済ですが、3端子レギュレータ、発光ダイオード、MOSFETなども使いたくなってきたので、それらの勉強も含め、回路図を作ることにしました。回路図の作成は、BSch3Vを使用しています。まだ慣れなくて、全然使いこなせていませんが、まず電源回路から作り始めました。回路図を設計し始めて感じたのですが、部品を選ぶ際、よく似たモノがあり、何にすればいいのか迷ってしまいます。例えば、9Vの乾電池から5Vの出力を得るために、3端子レギュレータを使おうと思っているのですが、同じメーカーでもTA7805F, TA7805SB, TA4805F, TA4805Sなど何がちゃうねん!といった感じです。すべて出力電流は1Aまでいけるみたいですし、外観(パッケージ)が違うのですが、その違いによって、発熱性能等がいいのかもよく分からないです。データシートにある温度と最大許容損出のグラフを見ると、TA4805Sなどがよさげな感じがしますけど。。。。秋月にはコンデンサーが付いたセット品も売っているみたいですし、これにしようかな。。

先月の日記

長いページをホームページビルダーで編集すると、やたら遅いと思っていたのですが、文章の中に写真を差し込むと重いみたいです。いずれにしろ、先月の日記はこちらに移しました。

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.