TOTAL:200, TODAY:200

etchでのSamba設定

etchにアップした際、Sambaも動いていなかったので再設定しました。結論から言えば、sargeの時の設定ファイルやdist-upgradeでインストールされたものを一旦削除して、再インストールしただけで基本的に動かすことができました。sargeの時の設定をメモしていなかったので、いい機会と思い、etchでのsamba設定を紹介します。

Sambaの再インストール

sargeからetchへのdist-upgrade後、sambaが動かなくなっていました。正常にsambaがインストールされていれば、smbdnmbdというデーモンが動くのですが、smbdが動かない状態でした。設定ファイルをいろいろいじってsambaのリスタートをしたのですが、うまくいきませんでした。結局、次のようにsambaを一旦削除し、再インストールしました。

# aptitude update
# aptitude purge samba swat
# cd /etc
# rm -fr samba
# aptitude install samba swat

上記のようにしたら、smbdとnmbdが動き出したので、後はswatで設定するだけでした。

SWATによるSambaの設定

まず、/etc/servicesにSWATの設定があるかをチェックします。/etc/servicesはinetdで提供されるサービスを記述しています。私の場合、次のような行がありました。

swat            901/tcp                         # swat

次に、/etc/inetd.confにSWATの記述があるかを調べます。この当たりは、sargeの時にした設定がそのまま残っていました。

swat  stream  tcp  nowait.400  root  /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/swat

後はWEBブラウザーで、http://玄箱のアドレス:901と入力すれば、認証画面が出てくるので、rootとそのパスワードを入力すれば、次のような画面が表示されます。

SWATの操作方法は説明はしませんが、最終的に次のような設定にしました。[share]は共有ディレクトリ、[www]はWEBサーバのトップディレクトリとして使用しています。プリンタはsambaで共有していないため、特に何もしていません。注意する点は、[global]のdos charset = CP932(SJIS)にすることと、書き込みを許可するために、read only = noにすることぐらいでした。

[global]
        dos charset = CP932
        workgroup = PCのワークグループ名
        server string = %h server
        obey pam restrictions = Yes
        passdb backend = tdbsam
        passwd program = /usr/bin/passwd %u
        passwd chat = *Enter\snew\sUNIX\spassword:* %n\n *Retype\snew\
sUNIX\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .
        syslog = 0
        log file = /var/log/samba/log.%m
        max log size = 1000
        dns proxy = No
        ldap ssl = no
        panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
        invalid users = root

[homes]
        comment = Home Directories
        valid users = %S
        read only = No
        create mask = 0700
        directory mask = 0700
        browseable = No

[printers]
        comment = All Printers
        path = /var/spool/samba
        create mask = 0700
        printable = Yes
        browseable = No

[print$]
        comment = Printer Drivers
        path = /var/lib/samba/printers

[share]
        comment = Share Directories
        path = /mnt/share
        valid users = +users
        read only = No

[www]
        comment = My Home Page
        path = /mnt/www
        username = ユーザ名
        valid users = ユーザ名
        force user = www-data
        force group = www-data
        read only = No

続いて、sambaでアクセスするユーザ登録を行います。ユーザ登録は、smbpasswdコマンドではなく、SWATの「PASSWORD」ボタンを押して、次の画面から行いました。

ローカルマシンのパスワード管理」と「リモートマシンのパスワード管理」の二つがありますが、「ローカルマシンのパスワード管理」の方で、「新規ユーザ追加」を行いました。その後、ユーザ名の欄に登録したユーザ名を入力し、「ユーザの有効化」を行います。リモートマシンの方は何のためにあるのかよく分かりません。
この後、次のコマンドでsambaを再起動すれば、sambaは動くようになりました。

# /etc/init.d/samba restart

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.