TOTAL:935, TODAY:82

玄箱HGにPEARも入れてみる

私が購入したPHPの教科書は、「基礎PHP」(WINGSプロジェクト著)という本なのですが、その本にPEARというPHPのクラスライブラリを使用したサンプルがあり、玄箱HGにも入れることにしました。DBをMySQLに限定せず、抽象化できるところがいいみたいです。また、凄い人と想像しているPHPSPOTさんも使用されているようなので、入れることにしました。

PEARのインストール

いつものように、aptitudeでインストールします。

# aptitude search pear
p   php4-pear                       - PEAR - PHP Extension and App...
p   php4-pear-log                   - Log module for PEAR
# aptitude install php4-pear

aptitudeでサーチすると、PEARのログモジュールもあるみたいですが、なんのことか分からないので、とりあえずphp4-pearだけをインストールしました。特に何も聞かれませんが、php4-cliも一緒にインストールされました。PHPはコマンドラインからも処理できるみたいなので、それを実現するためのパッケージと思います。
PEARのマニュアルを見ると、たくさんのクラスライブラリがあるみたいで、今後使用予定のDBクラスをダウンロードします。

# pear remote-list        <- 利用可能なパッケージ一覧を取得するコマンド
# pear install DB
Package 'DB' already installed, skipping
#

と思ったら、既にインストールされていました。調べてみると、PEARパッケージのインストール先は、/usr/share/phpであり、既にそれらしきものがありました。後は、PEARを利用できるようにするため、次のように/etc/php4/apache2/php.iniを編集します。

; UNIX: "/path1:/path2"
include_path = ".:/usr/share/php"     <- コメントを外し、有効にする
;
; Windows: "\path1;\path2"
;include_path = ".;c:\php\includes"

ちなみに、私はWindows版のXAMPPも使用しており、XAMPPのphp.iniは最初からPEARが有効になっていました。

magic_quotes_gpcをオフ

PEARとは直接関係ないですが、PHPでDBを扱うプログラムを作成しようとすると、ユーザからの入力を得る際に、$_POSTとかをよく使用します。php.iniの設定の中に、magic_quotes_gpcというものがあり、インストール時のデフォルトはOnになっています。これは、スーパーグローバル変数$_GET, $_POST, $COOKIEで取得した文字列の「'」、「"」、「\」、及びNULLに対して、バックスラッシュを自動的に追加するものです。On/Offのどちらがいいというものではないでしょうが、移植性と性能面から、多くの方がOffにしているようなので、私も外すことにしました。外し方は簡単で、/etc/php4/apache2/php.iniを次のように変更します。

; Magic quotes for incoming GET/POST/Cookie data.
;magic_quotes_gpc = On
magic_quotes_gpc = Off

この後、次のコマンドでapache2を再起動すれば、OKです。

# /etc/init.d/apache2 restart

まだ、PEARのDBクラスを使用したことがないので、本当にこれでいいのかは分かりませんが、きっと大丈夫でしょう?

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.