TOTAL:241, TODAY:212

PHPも入れてみる

掲示板だけならば、PHPは要らないかもしれませんが、よく分からないので定番のPHPも入れてみることにしました。PHP自体の役割もよく知らないのですが、とりあえず、「bnote」さん、「オモイノホカ日々徒然」さん、「Revol's memo」さんのホームページを参考にインストールしました。いつものように、aptitudeでインストールします。

$ aptitude update 
$ aptitude install php4 php4-mysql

どうやら、phpはapache1.3をデフォルトとしているようなので、apache2.0用のパッケージもインストールします。

$ aptitude install libapache2-mod-php4

すると、apache2-mpm-workerが自動的に削除され、代わりにapache2-mpm-preforkがインストールされます。確かにインストールした後、ps -axuwHとすると、50個ぐらいあったapache2のプロセスが5つぐらいになります。たしかmpm-workerの方が効率がよかったはずなのですが、あまり気にせず、今後はmpm-preforkにすることにしました。apache1.3では運用していないので、apache1.3関連のパッケージを削除。

# aptitude remove apache-common libapache-mod-php4

apache1.3では運用していないので、apache1.3関連のパッケージを削除。さようなら1.3。。。その後、PHP設定ファイル/etc/php4/apache2/php.iniを次のように編集します。

output_buffering = Off
default_charset  = EUC-JP

extension=mysql.so
extension=gd.do

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;

私の玄箱HGは、日本語環境をutf-8にしているため、UTF-8に設定しました。ホームページ自体は、SJISで作成しているので、mbstring.http_output = UTF-8というのが少し気になりますが、問題が発生すれば、適宜変えようと思っています。
最終的に、すべてUTF-8で運用することにしたので、「玄箱WEBサーバのUTF-8化」のページにあるように変更しました。UTF-8で運用するならば、上記設定ではうまくいきません。
最後に、PHPが正しく動いているかを確認するために、自分のホームページのトップディレクトリ(index.html がある場所)に、次のことが書かれたphpinfo.phpというファイルを置きます。http://"玄箱のIPアドレス"/phpinfo.phpでアクセスし、phpの設定等が見れるならば、一応インストール無事成功ということになるみたいです。

<?php phpinfo() ?>

このphpinfo.phpには色々な設定が表示されるので、動作確認後、phpinfo.phpは削除したほうがよいみたいです。

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.