TOTAL:3422, TODAY:386

玄箱HGのpostmaster変更

メールサーバを立ち上げたのですが、ウィルスメールを受信すると、玄箱に作成した管理者用ユーザにメールがいくようになっています。また、ログ出力等で何らかのエラーがあると、それも通常、管理者用ユーザにメールが飛びます。これはこれで正しいのですが、管理者用ユーザのメールをPCから見ていないので、本サイトで公開しているアドレスkurokin@arakin.dyndns.orgにメールが来るように変更しました。やり方は、次の通りです。
/etc/aliasesにメールサーバ用のエイリアスが記述されており、私の場合、次のようになっていました。

 <途中略>
postmaster: root
root: 管理者用ユーザ

daemon: root
bin: root
 <途中略>

これは、Postfixをインストールする以前、ApacheやSubversionのインストール時に、exim4が自動的にインストールされ、その際、どうせ後で削除するからと思い、管理者用ユーザを設定したためだと思われます。ということで、管理者用ユーザになっている所をメールで知らせたいユーザに変更すればOKです。私の場合は、次のようにしました。

 <途中略>
postmaster: root
root: kurokin

daemon: root
bin: root
 <途中略>

このaliases(別名)を有効にするために、次のコマンドをタイプします。私の場合、newaliasesをタイプしたとき、newsアドレスが2重に定義されている旨のワーニングが出たので、/etc/aliasesを見ると、確かに2重に定義されており、片方を削除しました。

# newaliases

これで新しい/etc/aliases設定が/etc/aliases.dbに反映され、設定したユーザにメールが届くようになります。実際に自分宛にEICARのウィルステストメールを送ると、次のような検知されたことを知らせるメールが届きます。

A virus (Eicar-Test-Signature) was found.

Scanner detecting a virus: Clam Antivirus - clamscan

おまけですが、私の場合、newaliasesをしたとき、newsアドレスが2重に定義されている旨のワーニングが出たので、/etc/aliasesを見ると、確かに2重に定義されており、片方を削除しました。誰やねん、2重定義したのは。。。

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.