TOTAL:231, TODAY:231

玄箱Apache2.0でWebDav

今日は、Apache2.0でSubversionを動かす予定でした。ただちょっとその前に、 Apache2.0を入れて少し気になることがあったので、それを調べてみました。2.0を入れてから、 ps -axとうつと、

PID TTY      STAT   TIME COMMAND
  :        <途中略>        :
 1009 ?        Ss     0:00 /usr/sbin/apache2 ...
 1010 ?        S      0:00 /usr/sbin/apache2 ...
 1011 ?        S      0:00 /usr/sbin/apache2 ...
  :        <途中略>        :
 1070 ?        S      0:00 /usr/sbin/apache2 ...
 1071 ?        S      0:00 /usr/sbin/apache2 ...

という具合に、62個もapache2が動いている。なんか設定間違えたかな~?と思っていましたが、 ネット で調べてみると、最近は、mpm-workerというのがデフォルトだそうです。以前はmpm-preforkというものが普通で、これは5個ぐらいのプロセスが動いていました。確かに、apache1.3の時は、5個ぐらいのapacheが動いていました。たぶん、 preforkというぐらいなのだから、きっとプロセスだったのでしょう。しかし、mpm-workerというのはマルチプロセスマルチスレッド のハイブリッド型だそうで、よく分かりませんが、効率がいいらしい。本当にいいのかは体感できていませんが、マルチスレッドは、最近のマイブームなので、mpm-workerで運用することにしました。ちなみに、

$ aptitude install mpm-prefork

とすれば、mpm-preforkになるみたいです。やったことはないけど。

で、本題のSubversionを入れてみます。その前に、WebDavを動かさなければならないので、

$ mkdir /mnt/dav
$ chmod 770 /mnt/dav
$ chown www-data:www-data /mnt/dav

として、/mnt/davをアクセスポイントとして作成。そして、/etc/apache2/mods-availabe にあるdav_fs.confを次のように編集。

DAVLockDB /var/lock/apache2/DAVLock
Alias /dav "/mnt/dav"
DAVMinTimeout 3600
<directory "/mnt/dav">
    AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit
    Options MultiViews Indexes
    DAV On
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 192.168.11.0/255.255.255.0
    LimitXMLRequestBody 0
</directory>

編集後、次のコマンドでdavを有効化します。

$ a2enmod dav
$ a2enmod dav_fs.conf

これで、\\玄箱のIPアドレス\davで見ることが可能になります。日本語を正しく転送できるように、次のパッケージもインストールして再実行します。

$ aptitude install encoding
$ a2enmod encoding
$ /etc/inet.d/apache2 restart

ようやく、WebDav(読み方知らんけど。。ウェブダァブ?)もできて、日本語名のファイルも正しく転送できているようです。明日こそは、Subversion入れて、ホームページをバージョン管理したい。。。

最新の7件

OpenGL

電子工作

玄箱HG

ホームページ

日記

Copyright (C) 2007 Arakin , All rights reserved.